【キャットフード図鑑】ロニーが選ばれている理由を徹底的に分析

ペットとして猫を飼っている人にとって、どんなキャットフードを選ぶかということは重要なテーマです。

猫にもキャットフードに対する好き嫌いや向き不向きがあり、飼い主は自分の飼い猫に最適なキャットフードを探し出さなければなりません。

キャットフードの中で、安全性が高く猫の食いつきが良いとして飼い主たちから注目されている製品があります。

それは、ベルギー産のキャットフード 「ロニー」です。あまり出回っていないものの密かに人気があるキャットフード 「ロニー」について紹介しましょう。

キャットフード 「ロニー」は安全!?原材料や添加物について

猫

それでは、ロニーについて原材料から詳しくみていきましょう。

キャットフード「ロニー」の原材料

キャットフード「ロニー」は、時間をかけて脱水した鶏肉を主成分とするドライフードです。

かつてはドイツ産でしたが、ベルギーで生産されるようになりました。

猫の健康に配慮したグレインフリーで、食物自給率の高いベルギーで生産された天然食材にこだわっています。

タンパク質の豊富な鶏肉のほか、栄養バランスを図るために野菜・フルーツ・ハーブも配合されています。

キャットフード「ロニー」には、南極オキアミやタピオカなど併せて41種類もこだわりの素材が含まれているのです。

猫の健康維持に欠かせない亜鉛・マンガン・ヨウ素などのミネラル類も豊富です。

それから、栄養バランスや食いつきの良さを向上するため、フレッシュサーモンオイルが使われています。

こうした高品質の食材だけを使用しているほか、消化吸収や食感をはじめ匂いや味まで猫に適した工夫がされているので、キャットフードの選択に迷っている飼い主にはおすすめと言えるでしょう。

ロニーに人工添加物は入っていない

また、クエン酸とビタミンEが自然由来の酸化防止剤として含有されていて、人工酸化防止剤は一切使われていません。

動物性油脂も、別途加えられた物ではなく、原材料の鶏肉に含まれる鶏脂だけ使用されています。

何よりも、キャットフード「ロニー」には、人工の保存料・着色料・調味料が入っていません。

安全性の点で、キャットフード「ロニー」は高い評価を得ているのです。

キャットフード「ロニー」の利用者の声から商品を分析します

キャットフード「ロニー」を愛猫に与えた飼い主たちからは、様々な声が寄せられています。

まず、「口コミを探してもロニーの情報が見つからない」という声が多いと言えるでしょう。

ロニーが発売開始から間もないので、愛猫家たちによく知られていないことから、他の有名キャットフードほど購入されていないことがうかがわれます。

ただし、ベルギーに愛猫家が多いことは有名なので、ベルギー産である点で注目度が高いと言えるでしょう。

猫の飼い主たちからは、「ベルギー産だから買ってみた」という声が聞かれるのです。

また、人間だけでなく、ペットの食品についても安全性に関する意識が高まり、健康志向のキャットフードに人気が集まる傾向が見られます。

特に、アレルギーなど自分の飼い猫の特徴に合わせてグレインフリーといったキャットフードを選ぶ飼い主が増えました。

「うちの猫は一度尿路結石を患ったので、ロニーを試してみた」という声もあります。

ロニーは腎臓に負担をかけないようマグネシウムが配合されているのです。

一般的に、猫の腎臓病や尿路結石は他のペットに比べて多く、こうした心配の声は他の愛猫家からもあがっています。

それから、「小食の猫がたくさんキャットフードを食べるようになった」という声も届いています。

猫はドライフードよりウェットフードの方を好む傾向がありますが、ロニーはドライフードなのに猫の嗜好に合っているのかもしれません。

「高価なので毎日の食事として与えるには適していない」という声もありました。

一方で、「品質や安全性を考えるとこの値段も仕方ない」という声も少なくありません。

値段相応のクオリティだと理解できればコストパフォーマンスも悪くないと言えるでしょう。

キャットフード 「ロニー」を選ぶ上で考えるメリットとデメリット

キャットフード 「ロニー」のデメリット

キャットフード 「ロニー」は、比較的値段が高く毎日猫に与えるエサとしては経済的負担が大きいかもしれません。

ただし、定期購入の契約をすれば、多少安く買えるでしょう。

また、公式サイトでしか購入できないというデメリットもあります。

大手の通販サイトでは購入が難しいので、日本では知名度が低く、他のキャットフードほど口コミが多くありません。

そのため、情報収集が難しい点も、猫の飼い主の手が出にくい原因でしょう。

天然素材にこだわっていて人工調味料や人工着色料を用いない点は大きなメリットですが、人工保存料を使用していないことから、賞味期限には注意が必要です。

キャットフード 「ロニー」のメリット

キャットフード 「ロニー」の最大のメリットは、グレインフリーや低糖質など栄養バランスに優れ、無添加で安全なキャットフードだという点でしょう。

人工添加物だけでなく、遺伝子組み換え食品や生産過程の不明な外国産食材も使っていません。

ベルギー産ということも、キャットフード「ロニー」の長所だと言えます。

ベルギーは、動物愛護の精神が強く、特に愛猫家が多いため、キャットフードに関する研究も進んだ国だからです。

キャットフード 「ロニー」はこんな猫ちゃんにオススメ!

キャットフード 「ロニー」は天然素材にこだわっており、人工添加物も含まれないので、健康上の不安がある猫におすすめです。

特に、アレルギー体質の猫には、グレインフリーのロニーが適しているでしょう。

ロニーは健康食品として病猫に与えても問題ありません。

一般的に、カリカリと呼ばれるドライフードは消化が悪く、歯の未発達な幼い猫や咀嚼力の衰えた老猫には向いていないと言われています。

しかし、ロニーは栄養豊富で安全性も高いので、お湯でふやかすなどの処理をして幼猫や老猫にも食べさせると良いでしょう。

腎臓など泌尿器系の弱い猫は少なくありませんが、ロニーはこの点でも配慮されており、マグネシウムの配合量などが調整され、腎臓結石や尿路結石を防ぐ効果も期待できるでしょう。

ロニーの製作者は、猫が肉食動物であるという原点に帰って、猫が美味しいと感じる味を模索してきました。

食欲不振の猫も、ロニーキャットフードなら食いつきが良くなることもあるので、小食が心配な猫にもおすすめと言えるでしょう。

安全で栄養豊富なキャットフード「ロニー」を愛猫に試してみよう

愛猫が食欲不振になったり健康上の不安が生じたりしたら、キャットフード「ロニー」を与えてみましょう。

食いつきが良ければ、栄養補給や健康増進のために継続することをおすすめします。

ロニーは決して安価とは言えませんが、クオリティの高さを考慮すると、コストパフォーマンスが良好だと言えるでしょう。

定期購入の契約を結ぶことにより、ある程度値引きした価格で購入できます。

値段だけでキャットフードを選んでいると、人工添加物の影響などで愛猫が健康を損ねるおそれがあるので注意しましょう。