結膜炎の猫におすすめのキャットフードを徹底解説します!

大切な愛猫が結膜炎にかかってしまった時、どのように対処すればいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

結膜炎になる原因や、症状などについて詳しくご紹介していきます。

また、キャットフード以外で対処する方法についてもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

そして、結膜炎対策におすすめのキャットフードを5つ挙げていますので、自分の考えに合っているものや、愛猫にピッタリだと思うものがあるかチェックしてみましょう。

 

おすすめのキャットフード紹介の前に結膜炎の原因と症状を知る

猫

この記事では結膜炎の猫ちゃんにオススメのキャットフードの選び方と実際のオススメ商品をご紹介します!

ですがその前に!猫がなぜ結膜炎になってしまうのか、その原因と症状を理解しておきましょう!

猫が結膜炎になる原因とは?

 

猫が結膜炎になってしまう原因は色々ありますが、目の中にゴミやホコリなどの異物が混入してしまうということがあげられます。

猫にシャンプーをしてあげる時に、シャンプーが目の中に入って炎症が起こったことにより、結膜炎になってしまうということも考えられます。

猫自身の毛が目に入ることもあるでしょう。

また、猫が角膜炎や副鼻腔炎などの基礎疾患を持っていて、それが原因となって結膜炎になる場合もあります。

そのほかにも、ウイルス感染症や細菌感染症などになって結膜炎になったりもします。

結膜炎の症状はどんなものがある?

猫が結膜炎になってしまった場合、症状を知っておくことですぐに見極めることが出来るようになります

目が充血してきたり、涙が多くなってきたりする症状や、目をかゆそうにして足でこすったり、床などに目をこすりつけたりすることもあります。

日頃から猫の様子を気にかけておいて、何か変化が現れていないかをチェックするようにしましょう。

 

結膜炎の時にキャットフードを変えてみることがなぜおすすめなのか

家で大切に飼っている猫が結膜炎になったら心配になってしまいます。

そんな時は、キャットフードを変えて様子を見てみることをおすすめします。

それは、品質の良いキャットフードにすることで、猫の健康を保つことが出来るようになったりすることがあるからです。

また、アレルギー反応を引き起こす原材料が入っていないものを選ぶ必要もあります。

キャットフードを選ぶときは、しっかりと使われている原材料をチェックし、どのように作られているのかというところにまでこだわって選ぶようにするといいでしょう。

 

キャットフード以外で結膜炎に対処するおすすめの方法

では、キャットフード以外の対処法についても簡単にご紹介します!

キャットフード以外の結膜炎の対処法① 異物を取り除いてあげる

結膜炎の原因が異物の混入だった場合、その原因となったものをきちんと取り除いてあげることが必要になります。

ゴミやホコリなどが入っている時は、自分で取り除こうとすると危険なので動物病院へ行って獣医師にお願いするようにしましょう。

また、猫自身の毛が目に入っている場合は、目の周りに生えている毛を適切な長さにカットする必要があります。

他にも、猫の目にゴミなどが入り込んでしまう可能性を低くするために、日頃から掃除をこまめに行ったりすることも大切です。

キャットフード以外の結膜炎の対処法② 点眼薬や眼軟膏を使う

動物病院で結膜炎だと分かったら、点眼薬や眼軟膏を処方されることがあります。

目の炎症を抑えることができるので、膿などが改善されていくでしょう。

上手く使いこなしていくことが大切なので、薬の注意点などをしっかり聞いておくと安心です。

キャットフード以外の結膜炎の対処法③感染症の治療を行う

感染症が原因となって結膜炎になっている場合は、それらを治療していくことが大切です。

動物病院等にいき、獣医さんの指示のもとで抗生物質を使ったりしながら症状を改善していきます。

結膜炎対策におすすめのキャットフード5選

それでは、結膜炎対策にオススメのキャットフードをご紹介します!

結膜炎対策におすすめのキャットフード① モグニャン

モグニャンは、原材料や粒の硬さにまでこだわっているキャットフードです。

白身魚をふんだんに使っていて、香ばしい香りが猫の食欲を刺激します。

また、穀物を使っていないため、猫の体に負担をかけることがありません。

サツマイモが入っていて、たんぱく質もしっかり摂取することが出来ます。

オールステージに対応しているキャットフードなので、猫が気に入ればずっと食べさせてあげることが出来るのも嬉しいポイントなのではないでしょうか。

 

結膜炎対策におすすめのキャットフード② カナガン

カナガンは、穀物や香料、着色料を使っていません。

また、すべての猫種や、ライフステージに対応しているのも特徴の一つです。

使われている原材料は、人間でも食べられる物なので、安心して猫に与えることが出来ます。

栄養価の高い海藻や、食物繊維の多いサツマイモなどが入っていて、猫の健康を保ってくれます。

マリーゴールドやクランベリーなどで免疫力を維持してくれるので、体に良いキャットフードと言えるでしょう。

そして、品質テストは製造前だけではなく、製造してからも行われているほど、安全性のチェックに力を入れています。

 

結膜炎対策におすすめのキャットフード③ シンプリー

シンプリーは、サーモンやニシン、マスなどが使われていて、質の高いたんぱく質を摂取出来ます。

考えられる色々な健康リスクに対応するバランスの取れた配合で、猫の健康を守りたいという方におすすめのキャットフードです。

また、猫の食いつきを良くすることを考えて、一粒ずつフレーバーソースでコーティングされています。

 

結膜炎対策におすすめのキャットフード④ ファインペッツ

ファインペッツは、与える量を調整することにより、すべての猫に合うように作られているものです。

添加物なども使用せず、人間が食べられる品質なので、キャットフードの安全性にこだわっている方にぴったりだと言えるのではないでしょうか。

また、主原材料としてアヒル肉とニシン肉が使われていて、猫への負担が少なくなるように考えられています。

 

結膜炎対策におすすめのキャットフード⑤ レガリエ

レガリエは、生肉を主原料としていて、獣医師が監修しているキャットフードです。

肉のほかにも、魚やサツマイモなどの野菜も使われています。

低温加熱製法で、素材のおいしさや栄養素を保つことが出来るようになっているのがポイントです。

また、乳酸菌やオリゴ糖が入っていることによって、お腹の調子が良くなるようにサポートしてくれます。

ヒューマングレードとなっていて、安全性にもこだわりが感じられます。

 

猫の様子をしっかり観察して対策することが大切

猫の様子がいつもと違っていないかどうかを知るためには、日頃からしっかり猫のことを見ていてあげることが大切になります。

変化に気付くことで、いち早く対処できるようになるでしょう。

また、キャットフードを見直して猫の健康を守ってあげることも必要です。

使われている原材料をチェックすることはもちろん、どこで作られているのか、どんなこだわりを持って製造されているのかなど、細かいところまで見ながら選ぶようにすると安心して猫に与えられるのではないでしょうか。

キャットフードのオススメランキングの闇とは…?本当のオススメのフードと選び方はこちら